試験前のルーティーン | 東進ハイスクール 石神井校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール石神井校|東京都

ブログ

2021年 12月 11日 試験前のルーティーン

 

こんにちは!担任助手1年の川辺です!
今日は、試験のルーティーンについてお話ししたいと思います。
有名な名言に、
練習は本番のように、本番は練習のように
という言葉があります。
 
皆さん一度は聞いたことがあると思います。
この言葉の意味は、
’’練習を軽く見てはいけない’’
’’本番に負担は感じすぎないように’’
二つの意味が含まれます。
東進ハイスクールでは日曜日に受験生にとっては
最後の共通テスト模試があります。
最後の模試なので、いつも通りの力を発揮できる方法を考えてみましょう!
 
私は試験前にいつも取り組むルーティンを決めて、
模試でも本番でも関わらず常に行い緊張をほぐしていました。
 
 
そこで今回はおすすめの試験前ルーティーンについて
お話ししたいと思います!
 
①前日は、試験当日と同じ時間割で行動する!
  →試験前に気合いを入れて急に夜遅くまで勉強してしまったり、
ご飯の量を変えたりしてしまうと体に負荷がかかってしまいます。
また、試験は長時間集中する必要があるため、
普段していないと当日いつも通りの力が発揮できなくなってしまいます。
前日は当日と同じ行動をして、明日の自分を想像しながら過ごすことがおススメです。
 
②試験前に自分にかける言葉を決める!
  →「自分はここまで努力してきたのだから、自信をもって!」
の一言だけでも心の中で唱えることで
精神的に大きく落ち着くことが出来ます。
そして、やる気に満ち溢れている姿で臨むことで、
エンジンをかけた状態でスタートさせることもできます!
 
③本番で食べるご飯を決める
  →試験中の腹痛などは大ピンチです!
気合を入れて色々食べるのではなくて、いつも通りの食事をとることが大切です。
特に食事の中身を決めていくだけでも、
いつも通りの安心感を感じることが出来ます。
 
④音楽はリラックスできるものを聞く
  →音楽って意外と頭に残りやすいです。
試験前に好きな音楽を聴きたくなる気持ちは分ります!
ですが、、、
英語や国語など文章を読むことがメインの科目では、
音楽が読解を邪魔しやすいです。
なので、極力音楽を聴くときは、ゆっくりとした音楽を聴いて、
リラックスはできるけれども、頭には残りにくいものを選びましょう!
 
 
他にも多くの方法があると思います。
皆さんも自分なりのルーティーンを作って、本番に備えていきましょう!
本番を意識した行動こそ、大きな力になります!