千里の道も一歩より | 東進ハイスクール 石神井校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 10月 16日 千里の道も一歩より

みなさんこんにちは!担任助手の吉村です!

最近は暑かったり寒かったりと気候変動が忙しいですね。

さて今回は受験のみならず今後の人生においても

有用な考え方をご紹介します。

皆さんは「千里の道も一歩より」という諺を

ご存じでしょうか?意味は千里のような遠い道のりも

初めの一歩があってこそ始まることから、いかなる大事を成す

にもまずは一歩からという意味です!既に受験に向けて一歩を

踏み出しているが、苦手な科目から逃げてしまっている人や、

まだ受験に向けて一歩を踏み出していない人など様々いるかと

思います。今回はそんな人に向けて

[最初の一歩を円滑に踏み出すには]

に関して話していきたいと思います!

以下、私が受験期や大学に入ってから実践していた

方法を三つほど紹介します!

 

➀転機を活用する

これは私が受験期に行っていた方法で、勉強計画を練り直すきっかけである模試であったり、学校で去年合格した先輩の話を聞いたときなど何らかの”転機”があった際にうまく活用することが大切です!初めから自分で転機を作り出し、活用するのは大変だと思うのでまずはある転機を逃さずに上手く活用していきましょう!

 

➁宣言する

これも受験期に使っていた方法でやる!と決めたことに関しては家族であったり東進の友人であったり、学校の友達などに話してやらないといけない状況を作り出すなどしていました!

また東進の担任助手にやることを伝えると後日出来を聞いてくるので更にやらないとまずい…!と焦燥感をあおることが出来るのでお勧めです!

 

➂出来る限り即日行動

これは自分が大学に入ってから心がけていることで何を行うにも「出来る限り即日行動」で行うという事です!

「明日やろうは馬鹿野郎」皆さん一度は聞いたことがあるこの文言ですが本当にその通りだと思います。やろうと決心した気持ちは翌日に引き継ぐと少なからず減退するし、実行不可能な状況に陥る可能性すらあります。本当にやりたいので有れば、可能な限り思い立った当日中に一度は挑戦し、次回以降の挑戦に活かすべきです!

以上紹介した3つの方法をぜひ試して今後の生活に活かしていただければ幸いです!