「早く終わらせること」の罠 | 東進ハイスクール 石神井校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール石神井校|東京都

ブログ

2021年 9月 4日 「早く終わらせること」の罠

一日体験

こんにちは!東京大学理科一類一年の寺門です。

突然ですがみなさん!高速マスター基礎力養成講座、やっていますか?

英単語も英熟語も英文法もこれさえ完璧にすれば難関大の二次レベルに充分戦える講座ですよね。東進生のみなさんはまずは共通テストレベルの英単語・熟語・文法を完全修得して三冠、さらにステップアップした英単語と文法をやって五冠しようよ!とずっと言われていると思います。

俺はもう三冠したし!五冠しちゃったし!!!もう何カ月もやってないよ!

…という人、それものすごく危険です!!!早く終わらせているのはすばらしいことです!でも、それを何カ月も本当に覚えているんでしょうか?一回覚えたからずっと覚えていられる!!なんていう人は東大生でもほとんどいません。人間である以上絶対に忘れてしまいます。

ではどうするの??という疑問がわいてくると思います。

まず、私が三年間東進で勉強した中で実感した事実として、高速マスター基礎力養成講座を含め東進の講座は、

修得してからが本番

です。一度詰め込むのはそんなに難しくありません。定期テストを思い出してください!一夜漬けでやるという人、多いのではないでしょうか?翌日のテストでそこそこの点数がとれても、その内容を半年後まで完全に覚えているでしょうか?定期テストは一回きりでも、受験は積み重ねです。(定期テストも本当は積み重ねですが…。) 模試の前だけ、入試の前だけで一気に覚えられる量ではありません。何回も何回も復習して演習して、ようやく身につくものなのです。

修得は、ただのスタートラインです。何か月もやっていないという人、スタートラインに立って満足していませんか??スタートラインに立つために演習していたのでしょうか?ちがうはずです!ゴールを目指して演習を積んだはずです!せっかくスタートラインに立ったのなら、走り出しましょう!!!!(まだ最初の修得もしていないよ!という人はまずスタートを目指してください!!)

受講も上に同じくです!!復習演習が命です。過去の自分が頑張った分を無駄にしないように、点数に変えていってあげましょう!